本文へ移動

社会福祉法人 
神戸聖隷福祉事業団


兵庫県神戸市須磨区友が丘1丁目
1番地
TEL.078-792-7555
FAX.078-795-4511

────────────────
社会福祉事業
(高齢者・障害者・児童・相談支援)
高齢者福祉施設、障害者福祉
施設(身体障害者・知的障害者
・精神障害者)の運営・管理
────────────────

 
 
 

神戸聖生園

所在地:兵庫県神戸市須磨区友が丘1-1
電話番号:078-791-2001
FAX:078-795-0197
E-mail: kobeseiseien-info☆kobeseirei.or.jp
※「☆を@に変換してください」

神戸聖生園の日常風景

神戸聖生園外観

利用者さん作品展(見事入賞!!)

地域交流(北須磨自治会寿喫茶)

土曜開所日(風船バレー)

施設紹介

神戸聖生園の紹介

 神戸聖生園は、2020年4月1日より「生活介護事業」1本化となりました。新しい神戸聖生園をよろしくお願いします。
 利用者の個々のニーズを大切にし、集団から個人に目を向けた支援をモットーにした活動の実践に取り組んでいます。もともと通所授産施設であったこともあり、活動の主体が作業(仕事)となっていましたが、生活介護事業1本化により、外注作業の量を減らし、より、個別に取り組める自立課題(マイプログラム)や紙漉き等にも力を入れています。外注作業の「箱折り作業」、神戸市交通局の委託事業(ターミナル清掃)・アルミ缶回収作業なども行っています。また、個々の持つ能力に応じた作業分担を行い、自信の回復と作業意欲を高めていけるよう支援を心がけています。
 個々の障害を個性として尊重しながら、持っている能力が活かせるよう創作的な取り組みも行っています。「さをり」の端切れによる張り絵を主に、ボールペン画、季節に応じた創作作業(リース作りなど)、など利用者が楽しんで参加できるようメニューに工夫を持たせるよう心がけています。
 また、神戸聖生園のある場所は、北須磨団地の玄関口に位置しており、地下鉄・市バスなど公共交通機関の利便性にも恵まれています。

神戸聖生園の基本方針

1.基本的人権を尊重し、態度や言葉遣いにも誠意が感じ取れる支援を実施します。
2.本人・家族の思い、また将来の夢や希望の実現に向けたサービスを実施します。
3.全スタッフが力を集結し、総合力を持ってチームとして支援を実施します。
4.「利用者参画」を支援のキーワードに、利用者参が見える支援を実施します。
5.地域行事・活動へ計画的に参加し、利用者が地域の役割を果たす支援を実施します。
6.利用者の安心・安全を守るため、建物・設備の改修を計画・実施します。
 

施設の概要

 事業の名称             神戸聖生園
 事業内容  障害福祉サービス事業
 生活介護事業
 所在地
 神戸市須磨区友が丘1-1
 開設年月  1982(昭和57)年4月
 新法移行年月
 2008(平成20)年4月
 利用定員  生活介護:65名
 管理者  西郷 昌一
 
 
 
 事業の名称  神戸聖生園 せきもり
 事業内容  生活介護事業
 所在地
 神戸市須磨区妙法寺字荒打315-7
 開設年月  2004(平成16)年10月
 新法移行年月  2011(平成23)年4月
 利用定員  10名
 管理者  西郷 昌一

管理者挨拶

 いつも、神戸聖生園をご利用頂きましてありがとうございます。
2020年4月より生活介護事業1本化で進んでいます。神戸聖生園本園と従たる事業所「せきもり」の2つの事業を計20名のスタッフで、利用者(定員65名)の日中の支援、生産活動や日常生活支援及び社会活動に取り組んでいます。またグループホームせいれいやまて・たいのはた東(共同生活援助)のバックアップ施設であります。
どちらの事業所につきましてもご見学等、ご連絡頂ければ調整させて頂きます。どうぞ、よろしくお願いいたします。
神戸聖生園           
 施設長 西郷 昌一        
TOPへ戻る