本文へ移動

社会福祉法人 
神戸聖隷福祉事業団


兵庫県神戸市須磨区友が丘1丁目
1番地
TEL.078-792-7555
FAX.078-795-4511

────────────────
社会福祉事業
(高齢者・障害者・児童・相談支援)
高齢者福祉施設、障害者福祉
施設(身体障害者・知的障害者
・精神障害者)の運営・管理
────────────────

 
 
 

ひょうごデイサービス

秋の外出
秋の外出(ハーバーランド)

インクルージョンひょうご

レクリエーション(カラオケ)

インクルージョンひょうご

レクリエーション(エクササイズ)

インクルージョンひょうご

夏祭り

インクルージョンひょうご

レクリエーション(お花見)

アクシスひょうご

居室

ひょうごデイサービスセンター紹介

  ひょうごデイサービスセンターは、在宅の障がい者、重症心身障害児(者)の地域の拠点事業所として、さまざまなサービスを提供し、その生活を支援し、家族を支えています。

■多機能型障がい者デイセンターひょうご
(生活介護・共生型)
  個別支援計画書に基づき、さまざまな活動を通じて利用者の方の楽しみの機会の提供と共に、
  生活の質の向上を目指しています。65歳以上になっても、使い慣れた事業所でサービスの
  利用が可能となりました。
(就労継続B型)
  個別支援計画書に基づき、作業活動を通じて利用者の方の労働意欲の向上、社会性、自主性の拡大
  等自立促進を図ることを目的としています。
■インクルージョンひょうご
  個別支援計画書に基づき、利用者を主体とした活動を通じて利用者の方の新たな一面が見られる
  様、寄り添った支援を心掛けています。
■アクシスひょうご
 介護者の病気等社会的理由により、在宅で生活されている障がい者の方に短期間宿泊利用して
 いただき、日常生活に必要な介護を提供し、地域生活を支援することを目的としています。
 

施設の基本方針


◆ひょうごデイサービスセンター基本方針
1.ご利用者様に重い障害があっても、ご利用者様を支えるご家族も含めて地域社会で『普通に生
    きる』ことができるよう、『笑顔と真心』で支援する。
2.ご利用者様の『人権を尊重』し、『喜びと感動』を生みだすサービス提供に努める。
3.ご利用者様とご家族の悩みや課題をしっかりと受け止め、個別支援計画に基づき、「専門性と
    チームワーク」による質の高いサービスを提供する。
4.今までの手段や方法にこだわらず、人の持つ「知恵と無限の可能性」を信じ、絶えず前進する
    ことに努める。
 
◆アクシスひょうご基本方針
○利用者と家族が住み慣れた地域で安心して暮らせるように、その生活を支えるアクシス(主軸)
 となります。
○利用者にとって心地よい居場所のひとつとなれるように、一人ひとりの思いを大切にし、安全
 で安心できるサービスの提供に努めます。
○最も支援を必要とする最後の一人の生活を支えるべく、医療的ケアが必要な方にも安心してご
 利用いただける事業所を目指します。

施設の概要

 

 事業所の名前  神戸市立中部デイサービス事業所
 多機能型 障がい者デイセンターひょうご
 事業内容
 障害福祉サービス事業(生活介護・就労継続支援B型)
 介護保険事業 通所介護(共生型)
 所在地  神戸市兵庫区駅南通5-1-1
 神戸市立中部在宅障害者福祉センター3階
 開設年月  1996(平成8)年4月1日
 利用定員  生活介護:25名  就労継続支援B型:10名
 管理者  村山 盛光
 
 事業所の名前  インクルージョンひょうご
 事業内容  障害福祉サービス事業
 (生活介護・神戸市重症心身障害者日中活動支援事業)
 所在地  神戸市兵庫区駅南通5-1-1
 神戸市立中部在宅障害者福祉センター3階
 開設年月  2000(平成12)年4月1日
 利用定員  生活介護:20名
 管理者  村山 盛光
 
 事業所の名前  アクシスひょうご
 事業内容  障害福祉サービス事業
 (短期入所)                   
 所在地  神戸市兵庫区駅南通5-1-1
 神戸市立中部在宅障害者福祉センター3階
 開設年月  2016(平成28)年4月1日
 利用定員  6名
 管理者  村山 盛光

管理者挨拶

さまざまな事業を展開させていただいているひょうごデイサービスセンターです。
「利用者さんとそのご家族が安心できる地域生活の実現」と掲げた第3期中期計画の
ビジョン実現に向け、真摯にそして謙虚に、皆さまの支援に従事させていただきます。
なお一層のご支援、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。
                          施設長 村山 盛光
TOPへ戻る